AWS をざっくり理解する

AWS(Amazon Web Service)って聞いたことあるけど、何かよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ある程度利用することで内容が段々とわかってきたのですが、初めて使う際は、EC2、S3、Route53 など色々なサービス名があって、よくわからん!となっていました。
ざっくり AWS を理解したい時にあったら良かったのにな~と思う記事を書きたいと思います。

この記事の対象者

・Web の基本(Linux サーバー、DNS など)については知っている人
・AWS をざっくり理解したい人

AWS とは

Amazon が提供するウェブサービスです(そのまんま)。
サーバーやクラウドストレージを使えたりします。
利用した分だけ費用がかかるという仕組みです。
色々なサービスがあって、混乱しやすいです。

AWS の基本サービスのまとめ

基本的なサービスを図にまとめてみました。
角が丸い四角で書かれているのが一般的な名称で、色がついている四角で書かれているのが AWS の名称です。

%e5%9b%b31

名前で混乱しやすいですが、内容を知ってしまえば、なんてことないです。
AWS のサービス名を一般的な名称で説明すれば、以下のとおりです。

・EC2: Linux サーバー(HDD / SSD はついていない)
・EBS: HDD / SSD (単体ではネットワークにつなげられない)
・Route53: DNS サーバー
・SES: メールサーバー
・S3: オンラインストレージ(単体でネットワークにつなげられる)
・VPC: 仮想ネットワーク(アカウントにひもづいています)

どうでしょう。これならすっとわかるのではないでしょうか。
AWS は多くのサービスがほぼ並列に配置されているため、どれが重要なサービスなのかがわかりにくくなってしまうところが、初めて使おうと思う人へのハードルを上げている気がします。

VPS をあっという間に利用できるサービスで、例えば、Route53(DNS サーバー)でドメインを管理して、内部のサービス(S3 や次に紹介するロードバランサー)に紐付けることもたやすくできちゃいます。

ロードバランサーのすすめ

AWS で特に素晴らしい(と思っている)ロードバランサー(ELB)を紹介します。
ロードバランサーとは、外部からの要求を内部のサーバーに振り分ける役割を果たすものです。
図解するほうがわかりやすいので、下図をご覧ください。

%e5%9b%b32

図では、アドレスによって振り分けていますが、ポートによって振り分けることもできます。
これを使うと、SSL / TLS の通信が簡単に行えたりします(自分は Websocket の SSL 化が簡単にできるようになっていたのに感銘を受けました)。

おわりに

AWS の全体像をざっくりと理解してもらえたでしょうか。
AWS 最初はとっつきにくいですが、わかってしまえば、とても使い勝手の良いサービスです!
業績を伸ばしている理由がわかりました。
もしご興味があれば無料枠もあるみたいなので使ってみてください!


PAGE TOP